スポンサード リンク

2007年09月17日

あがり症の治療

あがり症、赤面症の治療はとても難しく、私自身完全に克服したわけではありません。でも以前に比べるとだいぶ症状は穏やかになってきています。小学生の頃はひどい時にはしゃべってる最中に泣き出すこともありましたからね。あいつなんで泣いてるんだ?って不思議がられることもしょっちゅうでした^^;私もある程度、あがり症の症状を抑えるコツがわかってきましたのでいくつか紹介していきます。

まずは呼吸法。あがり症の状態になっているときは体に力が入りすぎていることが多いです。そんな場合は基本中の基本ですが深く深呼吸をすること。体の力を抜く意味でも呼吸を整えて気持ちを落ち着かせる意味でも有効です。

次に失敗を恐れないこと。
これはいい意味での開き直りです。あがり症の人は緊張で体に力が入りまくってがっちがちになります。これは意識していなくても心のどこかで失敗を恐れているんですね。あがり症をマイナスばかりにとらえるのではなくこれも自分らしさなんだと自分の弱さを認めることで気持はかなり楽になるでしょう。一度うまくいけば、あがり症、赤面症の症状はだいぶ穏やかになるはずです。失敗を恐れてほんとに失敗をしてしまうより、開き直った方が気分はかなり違ってくるはずですから。

posted by あがり症 at 20:02| あがり症の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。