スポンサード リンク

2007年09月02日

あがり症とは?

あがり症、ほんとにこれは厄介なものです。普段日常生活で、家族や友人などと話すときはなんでもないのに、あまり親しくない人に話しかけるとき、または大勢の前に立った時など、いつもと状況が変わったとたんにまるで別人のように緊張してしまいます。

声は震えるは、足は震えるは、自分も昔は極度のあがり症の症状でかなり悩んだ経験があります。なぜ自分は人前で話がちゃんとできないんだろうと。もどかしさを感じるんですよね。言いたいことが言えないって。完全に上がり症を克服したわけじゃないですけど、今ではかなり楽になりましたね。

幸い私は顔が赤くなる赤面症の症状はありませんでしたので、まあおとなしくしておけば、なんとかその場はしのげるんですが赤面症とあがり症が同時にある人は本当につらいでしょう。あがり症は、基本ある程度上がる場面は自分で分かっている事が多いので、その時点でどんな対策をすればいいのか、どうすればいいのかがわからなくて頭の中がパニくってる状態です。

よく頭の中が真っ白になるという表現を使いますが、実際はちょっと違ってあがり症はむしろ過剰に働き過ぎて頭が空回りしている状態なんですね。また赤面症ですがこれは、頭の中に血液が回り過ぎて顔が赤くなってしまう状態の事を言います。よく頭に血が昇るなんて表現を使いますよね。
posted by あがり症 at 13:23| あがり症とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。